MENU

フリーナンスの審査は厳しい?答えはこちらにあります!

 
フリーナンスの審査は厳しい?答えはこちらにあります!

 

Freenance(フリーナンス) はフリーランスで働く方にとって大変ありがたいサービスでフリーナンスはフリーランス・個人事業主の請求書を1000万円まで即日現金化する事ができます!

 

で今回はそんなフリーナンスの審査が厳しいのかどうか調べましたので是非、ご利用時の参考にして下さい!

 

フリーナンス(FREENANCE)とは?

フリーナンスをあまり良く知らない方の為にまずフリーナンスとは一体何なのか分かりやすくご説明します。

 

まずフリーナンスですがフリーナンスはGMOが運営元でフリーランスの方や個人事業主の方の万が一の事故の時の補償や給料日前の金欠時等に即日払いしてくれる大変便利なサービスです!

 

フリーナンス「2つの安心」制度!

 

フリーナンスには2つのサービスがあり、1つ目は「あんしん補償」、2つ目は「即日払い」サービスです!

 

まず1つ目の「あんしん補償」ですが、なんと最高5000万円の事故補償がついていて、万が一、仕事中にケガや物品の破損をした時は最高5000万円までフリーナンスが補償してくれるので補償も何もないフリーランス(個人事業主)の方にとっては大変心強い制度です!

 

2つ目の「即日払い」サービスはフリーランスの方の請求書をフリーナンスが買い取って、代金を最短即日で支払ってくれるサービスで給料日前等の金欠時はとても助かる制度です^^

 

「2つのあんしん補償」サービス内容一覧

 

あんしん補償サービス 納品物の事故(納期遅延・情報漏洩等・物品破損)
等の事故を最高5000万円まで保証します。
即日払いサービス フリーナンスが請求書を買い取るサービスで
あらかじめ手数料を差し引いて振り込んでくれます。

 

関連記事

 

フリーナンスの審査は厳しい?

 

どんなに説明を聞いて利用したいと思っても審査が通らなければ意味がありません(笑)ですので下記ではフリーナンスの審査基準について具体的にご説明します。

 

まずフリーナンスには2つの審査があり、1つ目はフリーナンスに登録する時の審査ですが、こちらの審査はそれ程厳しくないので普通に働いていればほぼ通ると思います。

※ただし、年収が分かる証明書と身分証明書は必ず必要です。

 

2つ目の審査は即日払い(請求書買取)の審査ですが、こちらは若干難易度が高く、請求書の内容だけではなく、取引先の取引情報や納品をした物品等の証拠になるものを提出する必要があります。

 

ですので結論としては取引先が大手(法人格)なら審査は割と簡単に通りますが

、法人格を持たない取引先の場合、審査に通る確率が厳しくなります。(信用スコアも即日払いの審査では重視されます。)

 

ですのでそのあたりを良く調べてからフリーナンスにお申込みされるのが一番だと思います。

 

 

会社概要

 

会社名 GMOクリエイターズネットワーク㈱
設立 2002年4月
所在地 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー
事業内容 コンテンツ制作事業、金融支援サービス
資本金 約9000万円
役員 佐藤健太郎(取締役会長)
伊藤 毅(代表取締役社長)
取引先銀行 GMOあおぞらネット銀行(本店)
三菱UFJ銀行(渋谷本店)
URL https://freenance.net/